交通事故に遭うと、後遺障害という被害を受ける可能性があります。後遺障害とは交通事故で負傷することによって残ってしまう後遺症や、一定期間が経過してから急性期症状が治癒した後に神経や機能的な障害の症状があることを言います。交通事故の被害に遭ったことで受けた肉体的、精神的な傷害や怪我を理由として、将来的に回復の見込みがない固定された症状があるときには、事故の被害によって症状が固定された関連性について因果関係や整合性が認められたときに医学的に証明されるものとなります。被害を受けたことによって労働能力の低下や喪失すること、また程度に応じて自賠法施行令で定められている等級について定義付けが行われています。

交通事故被害に遭ったときに損害賠償の請求を行うときには、障害と後遺障害を分けて損害賠償を請求します。正当な損害賠償金額が相手側から提示されているのかについて不安なときには、法律の専門家と言える弁護士に相談することが最適となります。弁護士に相談することで、示談交渉をするときに代理人にできますので、適正な損害賠償の金額を請求してもらえます。法律相談として弁護士に依頼するときには全ての先生によって同等の結果が得られるとは決まっていませんので、交通事故の案件について高い実績を誇っている弁護士や、専門的に取り扱っている弁護士を選ぶことがおすすめとなります。

また、法律的な問題に関しては内容が難解になることも考えられますので、説明が丁寧な先生を選ぶことも大切なポイントになると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です