交通事故の被害者になると、その後の加害者や保険会社とのやり取りや交渉といった様々な対応をする必要があります。交通事故によって怪我を負うと、さらに入院や通院して治療を行うとともに、病院とのやり取りが増え、治療にだけ専念することは難しくなるため、心身ともに大きなストレスとなってしまう人も少なくありません。保険会社の対応によっては、休業補償の支払いや通院を打ち切られてしまうといったこともあるため、経済的にも逼迫され、大きな負担となる可能性もあります。人身事故の場合、加害者側の保険会社が提示する賠償金額は、裁判であれば得られる賠償金額よりも低額である場合が多く、適切な賠償金額を獲得するためには示談は弁護士を通して行わなければなりません。

後遺症が残るような怪我であれば、弁護士費用を入れても保険会社が提示する賠償額以上の金額を得ることができるというメリットがあります。もし契約している自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合は、限度額があるものの、その限度額までであれば、訴訟や示談にかかる費用は不要となります。弁護士に依頼することで、交通事故時に被害者が行わなければならない煩わしい交渉ややり取りをする必要がなくなるため、精神的な負担は格段にへります。しっかりと怪我の治療に専念することができる上、得られるべき正当な賠償金額が得られるので、交通事故の被害者になった場合を考慮して、弁護士に相談し、委任するほうが安心です。

広島の離婚相談の弁護士のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です