交通事故で人身等のトラブルが発生した際の弁護士依頼

交通事故を起こしてしまったときにそれが単に自動車同時の軽い事故で人身が絡まないときは警察を呼んで現場検証をしてもらった後には自動車保険会社同士で支払いについて調整することになります。その負担割合に意見があるときには本人が自動車保険会社の担当者にその旨を伝えて交渉してもらうことになります。このような交渉も済んだ結果で保険金の支払いがおこなわれることが普通です。しかしこの交通事故に人身が絡んできたときには、そう簡単に進まないことが多いです。

自分の方が悪ければ直接謝罪に行かねばならないし、また相手の要求に対して応じていかねばならないが、自分に原因があるとしても全ての要求に応じなくてもいい場合もあります。その判断等については、交通事故を起こしてしまったような場面では冷静に対応することもできる、そのような状態では正しい判断もできず、そのために弁護士に依頼することが多いです。弁護士が間に入って、または代理として間の要望を聞いて自分の対応について、法律的な面からどこまで応じるべきか判断してもらって自分が対応する方が後々後悔することなく進めることができます。そのため最近の自動車保険には弁護士費用も負担してくれるものも多く発売されています。

これも交通事故を起こした中でも問題をはらんでいる場合のためのまさに保険になります。もし加入していなければそのようなケースに遭遇した際に別途弁護士依頼費用を負担するとなったら相当な出費になるために加入している人が多いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です