交通事故で相手の保険会社との交渉が上手くいかない場合は、早めに弁護士に相談してみる事をお勧めします。保険会社は利益を出すために、賠償金を払い渋ってくるという話はよく聞いていたのですが、実際に交通事故に遭ってみてそれを実感しました。もう3年前の話になるのですが、私は信号待ちをしている際に追突されてしまいました。相手の人はすぐに警察にも連絡してくれ、誠意のある対応をしてくれたのですが、当初から相手保険会社の担当の対応がとても事務的で気になっていたのです。

私は少し首が痛かったのでしばらく病院に通院する事にしました。しばらく通っていたのですが、中々状態が良くならず、仕事も休みがちでした。相手保険会社から定期的に連絡は入っていたのですが、3か月くらい経った時に、そろそろ治療を打ち切った方が良いのではないかと言われました。完全にケガが治っていないのに、通院をやめる訳にもいかないと思っていたのですが、治療費の支払いをストップされてしまうのではないかと不安になってしまいました。

そこで知り合いに相談した所、交通事故に詳しい弁護士に相談してみてはどうかと言われました。無料相談に応じてくれる弁護士事務所を探し、一度相談に行ってみました。するととても熱心に話を聞いて下さる先生で、そのまま委任する事にしました。その結果、治療も打ち切る必要はありませんでしたし、当初の慰謝料よりかなり増額された金額を受け取る事が出来ました。

恐らく一人で悩んでいても解決しなかったと思うので、相談に行ってみて良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です