交通事故賠償金は弁護士に相談すると増える場合がある

交通事故の被害者になった場合には、賠償金の提示を受けることになるケースがほとんどでしょうが、この賠償金の算定方式には三種類あるといわれています。一つが自賠責保険基準、もう一つは任意保険基準、最後が裁判所基準です。自賠責保険基準は、最低限の補償が行われることが目的となっているため、この方式に基づく賠償金額は三つの中で一番低くなります。また、民間の保険会社が算定する基準としての任意保険基準はその次に低い金額になっているのが一般的です。

もし事故の被害者になった場合はこのいずれかの算定方式で賠償額の提示を受けることがほとんどでしょう。金融関係や保険関係そして法律に詳しくない一般の人は、算定方式の内容や種類を知らないことがほとんどですので、交通事故賠償金はこんなものかと納得してしまうことも多いかもしれません。しかし、そういった場合に交通事故に強い弁護士に相談することによって、状況が変わる可能性があります。弁護士は、三つ目の裁判所基準に基づいて保険会社と交渉をしてくれるのです。

もし示談ではなく裁判になったらこれぐらいの賠償金額になるはずだという形で保険会社等と交渉をすることによって、結果的に賠償金が増額されることがあります。交通事故になってからだと焦っていて弁護士に相談するということが思いつかないかもしれませんので、日頃から交通事故になった場合はこの弁護士に相談しよう、というように体制を決めておくことが有効かもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です