交通事故でも慌ててすぐに弁護士に連絡しないこと

交通事故の被害者になったときには、落ち着いて行動をする事が大事です。交通事故では、初動によって後々の利益が大きく変わってしまうことも往々にしてあるため、間違った行動はしないように注意をしましょう。特に、すぐに弁護士に対して相談をする必要などはないため知っておくことが大事です。まず、事故に巻き込まれたときには相手の身元を確認することが大事です。

これをやっておかないと加害者を特定することが出来ないため、泣き寝入りをするしかなくなります。相手と話が出来たとしても、加害者である証拠を確保するため携帯端末などでナンバープレートや住所や名前が載った免許証などを見せてもらいましょう。そして、現場の保全を行うために警察を呼びます。弁護士を呼ぶ必要はありません。

警察を呼んで、当時の状況を詳しく話してできれば周囲の人間に証人になってもらうことが大事です。こうすることで、後の話し合いを有利に進めることが出来ます。そしてそのまま警察に被害を届け出ましょう。そして、最後に弁護士と連絡をとって保険会社と示談交渉をすることになるのです。

交通事故の被害にあったときには、基本的に弁護士と連絡を取るのは最後だと知っておきましょう。交通事故の話し合いは加害者本人ではなく、その事故に関連する保険会社の職員と行うことになるため何も慌てて弁護士と連絡を取る必要はありません。被害者も加害者も双方共に色々な準備が必要なので、準備が出来てから連絡を取ることが一番なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です