人が死亡すると、その人が生前に有していた財産は、残された家族または相続人に引き継ぐ権利があります。しかし、財産の分配はトラブルの原因ともなりやすく、時にはいがみ合いにまで発展し、それまでの関係を破壊することにもなりかねません。もちろん、遺言書を残すことで、配分を遺言者の希望通りに割り当てることも可能ですが、それでもトラブルになる場合がありますし、さらに遺言書が作成されずに死亡した場合には、そのトラブルが増大します。特に相続する財産がすべて均等に分けられるものばかりとは限りません。

均等に分けられるものとしては現金がありますが、それ以外の財産、特に不動産の場合にはそうはいかず、誰が所有するのか話し合う必要があります。もちろん話し合いで解決すれば、それでも良いのですが、相続の手続きを行う必要があり、やはり専門家である弁護士に依頼するのが無難です。また直接の話し合いで解決しない場合には、弁護士を立てて行うのが無難です。弁護士を立てて行うことで相手の無茶な要求に対して、法的な根拠をもって拒否することも可能です。

また相続問題に詳しい弁護士であれば、さまざまな解決法を知っているので、穏便に問題を解決することも可能です。また相続した財産のうち不動産などは登記は変更する必要があります。もちろん個人でも手続きは可能ですが、弁護士であれば代理権を有しているので、登記変更などの事務手続きも行ってくれるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です