借金に苦しんでいるときには、弁護士に相談することで解決のための活路を開くことができます。まず、弁護士に相談を行うことを決めたときには、弁護士事務所を訪れる前に債務者自身としてどのような解決を望んでいるのか把握しておく必要があります。最低限どのような結果を得たいのか知っていることによって、法律相談を受けるときに聞きたいことを質問しやすくなります。事前に質問したい内容について整理を行っておいて、メモに書いておくことによって、本番のときにスムーズに考えを伝えることができるようになります。

借金の問題については、プライベートな問題になりますが、しっかりと真実を伝えておかないと解決させることが難しくなることが考えられます。債務整理の手続きによって、相手方の貸金業者と交渉をしなければならない種類のものがありますので、正確な情報を伝えておくことが大切です。弁護士に債務整理の依頼を行うときには、債務者の収入についての書類や借り入れ履歴、借り入れを行っている金額などが把握できる領収書などの書類を準備しておく必要があります。必要な資料を用意しておくことで、弁護士に代理人となることを依頼して貸金業者と交渉を行うときに、役立たせることができます。

弁護士に依頼をするときには、費用を支払わなければなりません。弁護士費用を捻出することが難しい債務者の場合には、民事法律扶助事業として行われている日本司法支援センターに相談することによって、無料で法律相談を受けることや弁護士費用を立て替えてもらうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です