債務整理として行える手続きの種類として任意整理というものがあって、弁護士への法律相談を受けることで代理人になってもらうことができます。任意整理は、直接的に融資を受けていた貸金業者などと和解の交渉をする必要のある手続きですので、個人で交渉を成立させることには限界がありますので、プロの法律家である弁護士に相談することで、全ての手続きを任せることができます。弁護士に相談して代理人として手続きを行ってもらえることで、任意整理中においても通常の日常生活を送れるメリットがあります。また、普通の生活が送れるだけではなく、貸金業者からの取り立てについても弁護士に法律相談を行うことで、依頼を受けた通知を送ってもらえますので、弁護士が介入することで法律的に取り立てを止めることができます。

任意整理を依頼するメリットとして、裁判所を経由しないで行える手続きということで、他人に知られることなく債務整理を進めることができます。債務整理をしたいと希望している人にとっては、家族に内緒で借金問題を解決したい人もいると思いますが、弁護士に任意整理を依頼することで誰にも知られずに問題の解決を図ることが可能です。元々一定の収入がある人であれば、完済が可能な借金額で和解案を成立させることによって、3年から5年ほどの期間で返済を完了させることで借金に終止符が打てます。任意整理は手続きが成立して以降も、借金の返済を続けていくことが成立のための条件ですので、しっかりとした仕事に就いて収入を得ている人にしか行うことができず、収入がない人の場合には自己破産などを選択することで借金問題の解決法を考えなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です