交通事故の慰謝料というのは、事故に遭ったことで受けた精神面での苦痛に対して支払われる賠償金のことです。精神的な苦痛を量るのは難しく、被害に遭った人が限りない金額を提示することで大きなトラブルになってしまわないようにある程度の基準が決められています。つまり、話し合いがスムースに進むように相場があるということです。この交通事故の慰謝料の相場を計算する基準には、自賠責保険の基準、任意自動車保険の基準、裁判基準があります。

この3つの基準のうち、慰謝料が一番少なく計算されるのは自賠責保険の基準です。自賠責保険は別名強制保険とも呼ばれていて全ての車両に契約の義務がある保険ですが、交通事故の被害者を保護する目的で法律により制定されたものなので最低限度の人身補償のみとなっているからです。逆に、精神的な苦痛に対して一番高額な補償額が計算されるのは弁護士も関係してくる裁判基準です。交通事故の慰謝料を自賠責保険で計算する時には、1日4200円という決まりがあります。

では何日分支払われるのかというと、それは入院の日数と実際に通院した日数の合計を2倍した日数と治療期間を比べて、いずれか短い日数と決められています。さらに自賠責保険の計算式には金額の上限もあって120万円とされています。ここで、計算される慰謝料の金額が120万円を超えたら、任意の自動車保険の基準をもってカバーすることになります。国の制度として制定されている自賠責保険と異なり、任意保険の算定基準は個々の保険会社によって異なります。

3つめの裁判基準は算定額は一番多いのですが、正当な請求を行なうには交通事故を専門に取り扱う弁護士に相談するのが一番安心です。広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です