交通事故が起きてしまった時の慰謝料はどのくらいかかるのでしょうか。交通事故は一般に物損事故と人身事故の二種類に分けられます。物損事故とは、器物が壊れるだけで怪我人はいない事故です。例えば、ガードレールにぶつかったなどの、事故の相手方がいなくて責任の全てが自分自身にある場合を単独事故、または自損事故、物損事故といいます。

この時注意しておきたいのが、事故のため自分の車は停車しています。その車に他の車がぶつかる二次災害が起こるかもしれません。二次災害を防ぐために、三角停止板をおいたりハザードをつけておいたりすることが重要です。次に人身事故とは、怪我人を出してしまった事故です。

被害者に怪我をさせてしまったり、場合によっては死亡させてしまうこともある非常に危険なものです。人身事故は被害者だけでなく加害者も精神的、社会的、経済的に苦しめられます。それでは、交通事故を起こしてしまった場合、慰謝料はどのくらい発生するのでしょうか。単独事故の場合は、基本はガードレールなどの公的な器物の破損ですので、罰金が発生します。

罰金の金額は壊してしまった器物により変わってきます。人身事故の場合は、加害者に慰謝料を支払わなければなりません。この慰謝料は、自賠責基準、社会保険基準、弁護士基準の三つによって決められますが、実際は加害者の請求額も関わってきます。いずれにせよ、個人が払える金額ではありません。

交通事故はどれだけ注意しても、起こる可能性はゼロではありません。もしもの時のために、必ず保険には加入しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です