交通事故に関する慰謝料の相場は、過去の事例を参考にしながら計算することが一般的です。これはどのような交通事故であっても一定の基準として適用されることになるため、覚えておいて損はありません。そもそも、交通事故の被害にあった際に請求することができる慰謝料と言うのはどのような概念なのでしょうか。慰謝料は、被害にあった人物の精神的なダメージをお金で換算したものの事を言います。

精神的な被害と言うのは、その人によってそれぞれ程度が異なっているため本来ならばこの精神的な被害に関して誰にでも通用する客観的な基準を設けることは出来ません。実際、法律にもこうした精神的な被害に関する請求額の上限は規定されており、裁判などでは上限を決めずに請求することが出来るようになっているのです。しかし、実際の現場では過去にあった裁判の事例などを元に計算されることがほとんどです。なぜこのように過去の事例にこだわって計算するのでしょうか。

それは、案件ごとにあまりにも異なる慰謝料の計算がされてしまうとそれぞれの被害者に対して不公平な結果を生み出すことに繋がってしまうからです。仮に、同じような案件で慰謝料の相場が大きく異なっているとすれば、安く見積もられた被害者は大きな損をしてしまいます。このような不公平がないように、過去の事例に則って計算がされることが多いのです。もちろん、どうしても提示額に納得がいかないときには裁判をする事が出来るため難しく考える必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です