交通事故で被害にあった人が慰謝料の請求をするときには、どのような相手に対して権利を行使すれば良いのでしょうか。実際に事故を起こした相手に対して請求すれば良いのでしょうか。実は、そうではなく自動車の保険会社に対して請求する必要があるのです。これは、どのような交通事故であってもかわりありませんので知っておいて損はありません。

日本国内で自動車を購入するときには、自賠責保険という保険に強制的に加入させられることになります。自動車は、社会的に見ても事故による被害の度合いが非常に大きいものです。自動車事故によって大きな被害が生じるときには相手に対して数千万円から数億円というお金を支払わなくてはいけないときもあります。こうしたお金を全て慰謝料として支払うことには無理があるため、自動車を購入する段階から保険に加入させてより安全性を高めようとしているのです。

そして、こうした強制的な保険の加入に加えて民間の保険会社への加入が求められるのが普通です。交通事故に関して大きな慰謝料を請求するときには、こうした加入した会社に対して権利を行使することが大事になります。保険会社と交渉するときには裁判ではなく示談交渉になることが大半ですが、示談交渉の際には保険会社のほうから交通事故に詳しい法律の専門家が交渉にやってきます。そのため、被害者の方もそれに負けないくらいの専門の弁護士を準備しなくてはいけません。

そうすることで、初めて対等に交渉することが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です